研究成果

上原の研究業績についてはこちら


卒業論文

 【2017年度】

  • SNSのCookieを利用したサイバー犯罪の犯人特定手法青木 宏祐
  • 個人情報保護条例の機械的構文解析による分類奥村 勇輝
  • LLVM optimizerによるマルウェアのデッドコード除去の検証小竹 泰一
  • go. jpドメインにおけるSSL/TLSサーバの暗号アルゴリズム設定状況調査白石 智也
  • フラッシュメモリのフォレンジックにおける代替ページからの証拠収集谷 優里
  • Dammアルゴリズムを用いた数字入力誤りとチェックデジット内藤 真広
  • ビットコインのミキシングに対する追跡技法の提案廣澤 龍典
  • 標的型メール攻撃対策としてのファイル無害化手法の提案松本 涼太
  • ブラウザ拡張によるWeb MailシステムのためのS/MIME機能の実装宮本 崇大

 【2016年度】

  • SSDにおけるTrim機能がデータ消去に与える影響泉 拓人
  • 送信者認証メールを用いた安全なパスワードリマインダの提案菊谷 進之介
  • SNSへの映り込み写真掲載におけるプライバシーの保護小畑 晃一朗
  • 公衆無線LANにおけるWeb認証のEvil-Twin攻撃対策伴 祐介
  • クローラを用いた多数のウェブサイトに対する改ざん検知手法廣瀬 昴大
  • ダークネットで観測されるパケット数とその時間推移の地理的可視化手法の提案福島 誠也
  • 個人情報保護条例における第三者提供条項の類型化藤田 健太
  • Proxmox VEを用いたサイバーレンジ環境構築村木 優太
  • スマートフォン向けアプリ開発 証拠能力を付与したドライブレコーダー山崎 京
  • 日本のマイナンバーにおけるチェックデジットの誤り率調査山本 赳浩




 【2015年度】

  • TLSへのストリーム暗号 KCipher2及び認証コードPoly1305の実装 池田 将来
  • 個人情報漏洩元特定のための結託体制符号を用いたダミーデータ埋め込みシステム木下 盾
  • SAMLによる統合認証を使用したアプリケーションに対する脆弱性検査フレームワークの構築小西 達也
  • Internet of ThingsのセキュリティにおけるBluetooth Low Energyの脆弱性評価 坂野 加奈
  • 公衆無線LANサービスにおけるWeb認証のリスク評価とその緩和 佐藤 哲朗
  • ボリュームシャドウコピーサービスに残存する電磁的証拠の可視化手法と実装 古田 悠人
  • 児童ポルノ犯捜査支援のための画像選別プログラムの実装八幡 伸弥

 【2014年度】

  • 都道府県市町村における個人情報保護条例の差異の類型化伊藤 新
  • マルウェアの静的解析による開発者の推定白石 翔大
  • Webアプリケーションのファジング検査のためのテストフレームワークの提案寶田 優一朗
  • 端末の追跡を防ぐ効率的で堅牢な無線LANアドレス匿名化手法の検討中村 暢宏
  • 高速簡易証拠保全ツールの提案と実装長井 健
  • 検疫ネットワークの多段階認可の提案とSDNによる実装山口 央理


修士論文

 【2017年度】

  • 結託攻撃と分割攻撃に耐性を持つ漏洩追跡可能な名簿システム木下 盾
  • アノマリ手法を用いたIoT機器のマルウェア感染検出坂野 加奈
  • 機械学習を用いた証拠保全対象選定システムの提案と実装古田 悠人
  • Wi-FiのMACアドレスを用いた個人追跡の脅威分析 YU    Shichao

 【2016年度】

  • 開発者推定のための制御フローグラフ比較によるマルウェア分類法白石 翔太
  • WindowsPEで動作する高速簡易証拠保全ツール提案と実装長井 健
  • モバイルWi-Fiルータの固定ID問題への対策手法中村 暢宏
  • ファジングを用いたSingle Page Applicationの安全性検証寳田 優一朗
  • ジャーナリングファイルシステムを搭載するAndroid端末向けのフォレンジックWANG Yifan
  • Research of Finding Media Forgery by Combining Multiple TechniquesTEERAKANOK Songpon